JDL IBEX net

  • JDL IBEX出納帳net ご利用方法・お申込み
  • サイトマップ

JDL IBEX net トップ > JDL IBEX出納帳net > 仕様・動作環境

仕様・動作環境

主要仕様

対象業種 法人・個人(一般、不動産)
登録可能会社数 最大1社
登録事業年度 制限なし
消費税処理方式 税込/税抜より選択
一般(原則)課税/簡易課税方式より選択
処理月数 12ヶ月+決算整理分
残高 当期を含む5事業年度分
勘定科目数 800科目、
補助科目数 10,000件
入力・表示桁数 5桁〜12桁(合計欄のみ12桁)
摘要文字数 全角32文字(半角64文字)
登録件数(1期または1社あたり) 取引データ 税込処理32,000件/月、416,000件/年
税抜処理16,000件/月、208,000件/年
売上伝票 5,000枚/月、60,000枚/年
入金伝票 仕訳登録数により異なります(明細1行1仕訳)。
商品 5,000件
銀行 48件
売掛先* 3,000件
得意先・納品先 合計3,000件
[得意先(納品先)1件に対し納品先99件]
買掛先 3,000件
自動仕訳辞書 10,000件(ユーザーでの登録可能件数)
人名摘要 1,500件
定期取引 100件
定型伝票 2,000件(ユーザーでの登録可能件数)
部門 100部門(3階層:全社、部門、部署)

* 売掛先は、請求書機能をご利用の場合には、得意先として使用され、納品先と合わせて3,000件までの登録となります。

※複数社の処理、手形管理、資産管理や、消費税関連の帳表・応用帳・個人の青色申告決算書などの印刷を行う場合には、JDL IBEX出納帳をご利用ください。

※JDL IBEX出納帳netとJDL IBEX出納帳は、データの互換性がありません。顧問会計事務所と連携した経理処理を行っている場合には、帳簿データのみ移行することができます。

※データはご利用のPCに保存されます。

動作環境

OS 日本語Microsoft®Windows®10 Pro/Home
日本語Microsoft®Windows®8.1 Pro/Windows®8.1
日本語Microsoft®Windows®7 Ultimate/Professional/Home Premium(SP1)
日本語Microsoft®Windows Vista®Ultimate/Business/Home Premium/Home Basic(SP2)
Windows®RT8.1、Windows® RTには対応しておりません。
Windows Vista®64bit版には対応しておりません。
上記OS以外(Mac OS、Mac OS Xなど)には対応しておりません。
対象機種 上記OSが動作するコンピュータ
Apple社製コンピュータ上で稼動するWindows®10、Windows®8.1、Windows®7、Windows Vista®には対応しておりません。
メモリ Windows®10: 1GB(32bit)/2GB(64bit)以上
Windows®8.1: 1GB(32bit)/2GB(64bit)以上
Windows®7: 1GB(32bit)/2GB(64bit)以上
Windows Vista® 512MB以上(1GB以上を推奨)
ディスプレイ 解像度
表示色
1,024×768ドット(XGA)以上
65,000色(16bit)以上
USBメモリ オフライン利用の場合
HDドライブ プログラム領域 空き容量250MB以上
データ領域 プログラム領域とは別に200MB以上
インターネット環境 1Mbps以上のブロードバンド回線が必須
キーボード 日本語109互換キーボード(テンキー付きを推奨)
※タッチ操作やソフトウェアキーボードによる操作は動作保証外です。
マウス 2ボタン/ホイールマウス対応
※タッチ操作やソフトウェアキーボードによる操作は動作保証外です。
プリンター 最大用紙サイズA4以上のプリンター(用紙余白サイズの上限値が下部5mm以下)
日本語入力システム Windows®10: Microsoft® IME(Windows® 10標準)
ATOK®2015/2014/2013
Windows®8.1: Microsoft® IME 2012(Windows® 8.1標準)
ATOK®2015/2014/2013
Windows®7: Microsoft® IME(Windows® 7標準)
Microsoft® Office IME 2010/2007
ATOK®2015/2014/2013/2010/2009
Windows Vista® Microsoft® IME(Windows Vista®標準)
Microsoft® Office IME 2010/2007
ATOK®2015/2014/2013/2010/2009
電子メールソフト Windows®10: Windows®Liveメール 2012
Mozilla® Thunderbird®
Microsoft® Outlook® 2016/2013/2010
Windows®8.1:
Windows®7: Windows®Liveメール
Mozilla® Thunderbird®
Microsoft® Outlook® 2016/2013/2010
Windows Vista® Windows®メール
Mozilla® Thunderbird®
Microsoft® Outlook® 2010
インターネット会計、JDLネットバックアップをご利用の場合に必要です。
Windows® 10、Windows® 8.1、Windows® 7は、メールソフトを使用しない運用も可能です。
Windows®Liveメール 2012は、Windows® Essentials 2012に搭載されています。
ブラウザソフト Microsoft® Internet Explorer® 11.0 以上(最新のブラウザを推奨)
Windows Vista®は、Microsoft® Internet Explorer® 9.0
プラグインソフト:Adobe® Flash® Player (最新バージョン)
ビューワーソフト Adobe®Acrobat®Reader®DC
Adobe®Reader®XI
Windows Vista®は、対応するAdobe Readerが提供されていません。

※JDLソフトウェア製品をご利用のお客様は、こちらの「JDLソフトウェア製品をご利用のお客様へ」を併せてご確認ください。

※JDLハードウェア製品をご利用のお客様は、こちらの「JDLハード製品をご利用のお客様へ」を併せてご確認ください。

※本ホームページで使用している画面および帳表は、開発中のものも含まれます。そのため、実際の画面、帳表とはデザイン等において異なることがあります。

※JDL NDストレージをご利用の場合には、セキュリティ確保のため、VPN(PPTP)パススルー対応のブロードバンドルータが必要となる場合があります。

※プリンタによっては、規定サイズ以外の用紙、穴あき用紙などへ正常に印刷できないものがあります。また、カラー印刷の色調はプリンタにより異なります。

※出納帳ディスク作成機能をご利用の場合には、CD-Rへの書き込みに対応したドライブが必要となります。

※当社製品「JDL IBEX会計」と本製品が共存しているPC環境では、受信ファイル(.acc)をメールソフトから開く場合本製品がインストールされていても上位システムである「JDL IBEX会計」が起動します。

※本ホームページに記載の製品の機能、仕様、画面デザイン等は、改良のため予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。

※本ホームページおよび操作説明書に記載の製品、仕様、機能等は、改良のため予告なく変更することがあります。

※本サービスは日本国内のみのサポートとなります。

※本サービスには、不正利用を防ぐ対策が取られております。

※本製品のご利用には、別途、使用許諾契約の締結が必要です。

※誤操作や故障などにより、本サービスの記憶内容が失われる場合がございますが、これによる損害等の責任を当社では一切負いかねますのでご了承ください。

登録商標・商標につきましては、こちらの「商標について」をご覧ください。

  • JDL IBEX出納帳net
  • 製品特長
  • データ入力
  • 内容確認
  • 会計事務所へデータ送信
  • 経営管理/売上・請求管理
  • 帳表・資料
  • オプション機能
  • データの連動・連携
  • 会計事務所との連携
  • CSV入出力
  • JDL IBEX給与net2との連携
  • サポートのご案内
  • 仕様・動作環境
  • JDL製ソフトウェアをご利用のお客様へ
  • JDL製コンピュータをご利用のお客様へ
  • カジュアルをご利用のお客様へ
  • ご利用料金
  • ご利用方法・お申込み
  • オプションソフトウェアのお申込み
  • ご利用料金のお支払い
  • ご利用サポート
  • JDL Webセミナー
  • お客様同士で相互解決を図れるソーシャルネットワークサービス JDL IBEX出納帳net Club
  • ぼく、アイベックスボーイ!
  • 記帳方法が5種類!どんな会社にもぴったり!統合記帳ソフト「JDL IBEX BookKeeper」
  • JDL IBEXソフトウェア
  • JDL Client Link
  • JDLについて