1. Home>
  2. サポート>
  3. アップデート情報

アップデート情報

ソフトウェアの更新内容・履歴は以下のとおりです。内容をご確認の上、最新のソフトウェアをダウンロード・インストールしてください。

最新ソフトウェアのダウンロード・インストール
最新の「JDL IBEX BookKeeper 本体ソフトウェア」をダウンロード・インストールする場合は、以下の「ダウンロード・インストール」ボタンをクリックしてください。
JDL IBEX BK財務諸表(オプション)をご利用のお客様は、本体ソフトウェアをインストール後にこちらから「JDL IBEX BK財務諸表」をダウンロード・インストールしてください。

DL IBEX BookKeeper ダウンロード・インストール


ソフトウェアの更新内容・履歴
2016/6/21 <JDL IBEX BookKeeper(Ver.1.7)>
アドオンの「銀行明細取込」機能等でデータ取込を行うと、自動的にバックアップするようにしました。
2015/10/13 <JDL IBEX BookKeeper(Ver.1.6)>
消費税法の改正(リバースチャージ方式)に対応しました。
Windows® 10に対応しました。
<JDL IBEX BK財務諸表(Ver.2.3)>
JDL IBEX BookKeeperのバージョン更新に対応しました。
仕訳の挿入に対応しました。
元帳表示画面での仕訳追加に対応しました。
課税から非課税に修正した仕訳の税込金額表示(自動計算)に対応しました。
摘要入力の入力モードの動作を改良しました。
残高入力の機能を改良しました。
株主資本等変動計算書を編集しやすくしました。
個別注記表の定型サンプルを変更しました。
Windows® 10に対応しました。
2015/5/26 <JDL IBEX BookKeeper(Ver.1.5)>
会計事務所とデータ連携を行っている場合に、JDL IBEX BookKeeperをインターネット運用で利用し、eレシートを1事業年度に大量に登録していると、エラー終了する場合がありましたので修正いたしました。
機能改良はありません。
<JDL IBEX BK財務諸表(Ver.2.2)>
JDL IBEX BookKeeperのバージョン更新に対応するためにアップデートが必要です。
機能改良はありません。
2015/4/15 <JDL IBEX BookKeeper(Ver.1.4)>
JDL IBEX BookKeeper伝票モバイル、JDL IBEX BookKeeper日計表モバイルのリリースに伴い、JDL IBEX BookKeeperのバージョンを更新しました。
機能改良はありません。
<JDL IBEX BK財務諸表(Ver.2.1)>
JDL IBEX BookKeeperのバージョン更新に対応するためにアップデートが必要です。
機能改良はありません。
2015/1/20 <JDL IBEX BookKeeper (Ver.1.3)>
出納帳入力で、インターネットバンキングの入出金明細ファイルの取り込みに対応しました。
ご利用いただくには、アドオン機能(オプション)の「JDL IBEX BookKeeper 銀行明細取込」が必要です。
出納帳入力や日計表入力で、「預金へ預入」「売掛の回収」などの摘要を選んだときに、銀行口座・得意先・仕入先などの選択画面を表示するようにしました。
日計表入力で、毎日の売上金額をカレンダー形式で確認できるようにしました。
質問式伝票入力、および「0 質問式で選択」で摘要を入力するときの操作を改良しました。
オフライン運用でも「会計事務所送信」を実行できるようにしました。

詳細は、操作画面で[お問い合わせ]ボタン→「JDL IBEX BookKeeper Q&A」の順にクリックし、FAQ「BookKeeperの変更内容」でご確認いただけます(インターネットに接続している場合)。
バージョンアップに伴いマニュアルも改版しています。あわせてご覧ください。
<JDL IBEX BK財務諸表(Ver.2.0)>
簡易課税制度のみなし仕入率の見直しに対応しました。
課税売上割合の計算の見直し(金銭債権の譲渡)に対応して、課区名称「有価証券売却」を「有価証券売却等」に変更しました。
課区税区別集計表で税区ごと(5%、8%)の内訳表示に対応しました。
仕訳データ入力の仕訳検索条件設定画面において、あいまい検索の条件設定の状態を記憶するようにしました。
全科目試算表などの年次表示画面において、月次のデータ表示から年次のデータ表示に切り替えできるようにしました。
仕訳日記帳において、税区コードの印字に対応しました。
2014/10/7 <JDL IBEX BookKeeper (Ver.1.2)>
日計表入力で売上や支出の行を増やすなどの改良を行いました。
データを検索できるようにしました。
年月選択画面で、年月を簡単に選択できるようにしました。
複写先に、他の年度を指定できるようにしました。
質問式伝票入力、および「0 質問式で選択」で摘要を入力するときの操作を改良しました。
複数年度分のデータが登録されている場合に、登録済みのすべての年度を一括してバックアップや復元、データ削除ができるようにしました。
以下の帳表で、線と文字の間隔をあけるなど、レイアウトを見やすく調整しました。
仕訳帳、QR仕訳帳、出納帳、日計表、収益・費用(概算損益)計算書

詳細は、操作画面で[お問い合わせ]ボタン→「JDL IBEX BookKeeper Q&A」の順にクリックし、FAQ「BookKeeperの変更内容」でご確認いただけます(インターネットに接続している場合)。
バージョンアップに伴いマニュアルも改版しています。あわせてご覧ください。
<JDL IBEX BK財務諸表(Ver.1.1)>
JDL IBEX BookKeeperの機能改良に伴う、BookKeeperファイルのバージョン更新に対応するためにアップデートが必要です。
※機能改良はありません。
2014/7/7 <JDL IBEX BookKeeper (Ver.1.1)>
仕訳帳の印刷に対応しました。
メイン画面で「仕訳帳印刷」をクリックすると印刷できます。
日計表の印刷に対応しました。
取引データの複写に対応しました。
帳簿やグラフの印刷に対応しました。
「出納帳」や「集計・グラフ」画面で「印刷」をクリックすると印刷できます。
ご利用いただくには、アドオン機能(オプション)の「JDL IBEX BookKeeper 帳簿出力」が必要です。
入力データの「CSV出力」に対応しました。
ご利用いただくには、アドオン機能(オプション)の「JDL IBEX BookKeeper CSV出力」が必要です。
アドオン機能「JDL IBEX BK財務諸表」(オプション)に対応しました。
2014/6/9 <JDL IBEX BookKeeper (Ver.1.0)>
JDL IBEX BookKeeperの提供を開始しました。


  • JDL IBEX BookKeeperモバイル 製品情報ページ