JDL IBEXクラウド組曲Major お問い合わせJDLについてサイトマップ
 

 

トップページ > 製品特長 > 自在にシステムを拡張
 

JDL IBEXクラウド組曲Major 製品特長

事務所発展に合わせて、自在にシステムを拡張
JDL IBEXクラウド組曲Majorは、事務所の規模拡大に合わせて仮想サーバーをクラウドに構築し、データを一元管理・共有利用することができます。また「仮想サーバー運用」では、顧問先でも自宅でも場所を問わずに実務処理が行える「どこでも会計事務所」に対応し、革新的な業務スタイルを実現します。
複数台PCによる利便性に優れたシステム環境を創出する:仮想サーバー運用
複数台のPCでJDL IBEXクラウド組曲Majorをご利用の場合は、クラウド上に「仮想サーバー」を追加構築することで、各PCのデータをすべて仮想サーバーで一元管理。PCにデータが散在している状態を解消し、データを共有利用できるシステム環境を実現します。 仮想サーバー運用
◇仮想サーバー運用における様々なソリューション

顧問先で、自宅で、場所を問わず
「どこでも会計事務所®
仮想サーバーには、「仮想WS(ワークステーション)」が1台セットで提供されます。仮想WSは、ノートPCはもちろん、iOS搭載のタブレット・スマートフォンなどのモバイル機器からもインターネットを通じて遠隔操作することができますので、仮想サーバーのデータを活用して、顧問先訪問時や自宅など、場所を問わずに実務処理が行える「どこでも会計事務所」を実現します。


外出先からフレキシブルにデータを活用
「JDLリモートフォルダー」
事務所の内外から共有フォルダーを活用することができる「JDLリモートフォルダー」に対応。フォルダーに管理されたデータを外出先から活用したり、顧問先の原始証憑をスキャナーで読み取りイメージデータ化した「eレシート」をフォルダーに登録することができます。フォルダーへのアクセス権を設定することで、セキュリティも万全にフレキシブルな運用が行えます。
※ご利用には、「JDLリモートフォルダーサービス」のご契約が必要となります。

管理体系に合わせてデータ管理
「GroupDataBox®【特許取得】
仮想サーバー内のデータ領域をあたかも複数のハードディスクのように分割し、各領域をグループ別に管理することができます。担当業務ごとに管轄が分かれる管理形態においても、システムを共有しながら個別にデータ管理が行えます。

所内の業務管理をトータルに効率化
「harmonyroom® PWF2」【特許取得】
各ソフトウェアとの連携により、業務のスケジュールや作業工数、業務の進捗状況などの管理が手間なく行えます。また、税理士業務処理簿も、データベースに蓄積されたデータを基に手際よく作成。この他、職員の勤怠管理や携帯端末への送信にも対応したスケジュール管理により、事務所情報、業務進捗の管理をトータルに効率化します。

*は、オプションです。

プライバシーポリシー  l 著作権・リンクについて l サーバーメンテナンス情報
株式会社 日本デジタル研究所 © Japan Digital Laboratory