JDL IBEXクラウド組曲Major お問い合わせJDLについてサイトマップ
 

 

トップページ > システム拡張

 

システム拡張

JDL IBEXクラウド組曲Majorは、事務所の規模拡大に合わせて仮想サーバーをクラウドに構築し、データを一元管理・共有利用することができます。また「仮想サーバー運用」では、顧問先でも自宅でも場所を問わずに実務処理が行える「どこでも会計事務所」に対応し、革新的な業務スタイルを実現します。
仮想サーバー運用に加えて、事務所にコンパクトなアプライアンスを設置する「アプライアンス運用」では、データ呼び出しの大幅な高速化を実現すると共に、会計データの分散入力や複数データの一括処理に対応。さらに、インターネット回線の障害発生時でも処理を継続できるなど、より安心で快適な実務環境を構築できます。

仮想サーバー運用/ アプライアンス運用

仮想サーバー運用

仮想サーバー運用では、JDLデータセンターに「仮想サーバー」を構築し、データの一元管理・共有利用を実現します。PCにデータが散在している状態を解消し、データを共有利用できるシステム環境を実現します。
また、仮想サーバーと併せて提供する「仮想WS(ワークステーション)」をノートPCやiPad等で遠隔操作することができますので、「どこでも会計事務所」を手間無く実現することができます。
仮想サーバー運用
お申込みページ

仮想サーバー運用 ご利用料金

  利用料金
JDL IBEXクラウド組曲Major 仮想サーバー(標準10GB)
    ディスク増設(10GB)
1台 6,000円/月
4,000円/月
JDL IBEXクラウド組曲Major 仮想WS(追加) 1台 3,000円/月
仮想サーバーをご利用の場合、仮想WSを1台を併せてご提供いたします。
ディスク増設は、データ領域を10GB単位で最大100GB(標準10GB+増設90GB)まで増設できるオプションです。
仮想WSの追加台数は無制限となります。
複数台の仮想WSによる分散入力が可能です。対応するソフトウェアは、JDL IBEXクラウド組曲Major財務(一般法人・個人・建設・運送・医療)、学校法人会計、公益法人会計、社会福祉法人会計、給与計算、社会保険算定、年末調整です。

顧問先で、自宅で、場所を問わず
「どこでも会計事務所」

仮想WSは、ノートPCはもちろん、iOS搭載のタブレット・スマートフォンなどのモバイル機器からもインターネットを通じて遠隔操作することができますので、顧問先訪問時や自宅など、場所を問わずに実務処理が行える「どこでも会計事務所」を実現します。
仮想WSに接続する端末には、接続ツールが必要となります。詳しくは、動作環境をご覧ください。
どこでも会計事務所
≫拡大する

外出先からフレキシブルにデータを活用
「JDLリモートフォルダー」

事務所の内外から共有フォルダーを活用することができる「JDLリモートフォルダー」に対応。仮想サーバーの共有フォルダーに管理されたデータを外出先や自宅などから活用できます。
共有フォルダーへのアクセスは、所長や職員などの権限に応じて自在に設定することができますので、会計・税務などの業務データは全員が利用でき、事務所の経営に関する機密データは所長しか利用できないといった管理を厳格に行いながら、外出先や自宅などからもデータが活用できるフレキシブルな運用が行えます。
※ご利用には、「JDLリモートフォルダーサービス(月額 2,500円)」のご契約が必要となります。

JDLリモートフォルダーのシステムイメージ
JDLリモートフォルダーのシステムイメージ

管理体系に合わせてデータ管理
「GroupDataBox®

仮想サーバー内のデータ領域をあたかも複数のハードディスクのように分割し、各領域を最大100個までグループ別に管理することができます。
複数の会計事務所が合併した税理士法人や担当業務ごとに分かれる管理形態においても、システムを共有しながら個別にデータ管理が行えます。

GroupDataBoxのシステムイメージ
GroupDataBoxのシステムイメージ

会計事務所の知的財産の共有化と活用を実現する
グループナレッジベース

会計事務所における知識やノウハウといった知的財産の共有・有効活用を実現する「グループナレッジベース」は、会計・税務処理や高度な経営資料の作成などに、誰もがスムーズに対応することができ、高効率なペーパーレス・ワークフローによる処理をより一層効率化し、会計事務所の飛躍的な生産性向上を実現します。

所内の業務管理をトータルに効率化
「harmonyroom® PWF2」

各ソフトウェアとの連携により、業務のスケジュールや作業工数、業務の進捗状況などの管理が手間なく行えます。また、税理士業務処理簿も、データベースに蓄積されたデータを基に手際よく作成。この他、職員の勤怠管理やスケジュール管理により、事務所情報、業務進捗の管理をトータルに効率化します。
●パートナーズチェック機能 ●承認申請*1
●工数管理 ●報酬情報
●スケジュール管理 ●日報作成*2
●勤怠管理 ●業務進渉管理
●申告チェックリスト ●予定エクスポート
●コミュニケーション機能
(メモ/伝言/掲示板/所在ボード)*3
●税理士業務処理簿作成
●顧問先情報管理 ●設備予約
*1 仮想サーバー運用では、仮想WSのみ利用できます。
*2 仮想サーバー運用では、メールで日報を登録する「日報E-mail」は利用できません。
*3 仮想サーバー運用では、「予定メール送信」「伝言E-mail」は利用できません。

「e レシート」で効率よく入力業務を簡素化
証ひょうスキャナーRM

証ひょうスキャナーRMは、JDL IBEXクラウド組曲MajorをインストールしていないノートPCを利用して、訪問先でレシートや領収書などの原始証憑を読み取ってイメージデータ化(eレシート)することができます。 JDL IBEXクラウド組曲Major財務とあわせてご利用いただくことで、読み取ったeレシートを会計事務所の仮想サーバーやアプライアンスに登録して、eレシートを参照しながら仕訳入力が行えます。

会計事務所で保管・管理している顧問先書類を電子化
eエビデンス管理システム

月額 3,000円

eエビデンス管理システムは、銀行関係や保険関係の書類を始め、定款や役員名簿など、会計事務所で控えを保管・管理している顧問先書類を手軽に電子化(eエビデンス化)することができるシステムです。
eエビデンス化を行い仮想サーバーやアプライアンスで一元管理することで、書類保管に要していたスペースが不要になるだけでなく、eエビデンス化した書類は様々な条件を組み合わせて検索が行えるなど、利便性に優れた活用が行えます。
※詳しくは、「eエビデンス管理システム」をご確認ください。

アプライアンス運用

仮想サーバー運用に加えて、事務所内にコンパクトな「アプライアンス」を設置することで、データ呼び出しの高速化だけでなく、分散入力や複数データの一括処理に対応。また、インターネット回線の障害発生時でも処理を継続できる、利便性・対障害性に優れた実務環境が構築できます。 アプライアンス運用
お申込みは、担当支店・営業所まで、ご連絡ください。

アプライアンス運用 販売価格

  価格
JDL IBEXクラウド組曲Major アプライアンス 290,000円
JDL IBEXクラウド組曲Major アプライアンス/仮想WS 70,000円
アプライアンスは、販売製品です(アプライアンス仮想WS1台を標準搭載)。
保守料金 2,000円/月(契約は任意)
アプライアンス仮想WSを1台増設することができます。
アプライアンス運用では、同一ソフトウェアの同時使用可能数は、5台までとなります。

データの呼び出し時間を大幅に短縮、回線障害時の処理にも対応

アプライアンス運用

アプライアンスのデータを呼び出して処理が行なえることで、大幅にデータの呼び出し時間を短縮。さらに、インターネット回線の障害発生時も、業務処理を継続して行うことができます。

分散入力や複数データの一括処理に対応

アプライアンス運用

アプライアンス運用では、同一の会社の仕訳を複数の端末で分散入力することや、同一会社の勘定科目内訳書や法人税申告書などの作成を手分けして同時に処理できるほか、複数社のデータを一括処理できるなど、データ処理を大幅に効率化することができます。

テレビ電話機能で顧問先をリアルタイムにサポート

アプライアンス運用

アプライアンス運用では、顧問先との「ネットブリーフィング」機能に対応。会計事務所と顧問先がインターネットを通じて同じ画面を参照しながら、テレビ電話のようにコミュニケーションが図れます。提供した財務帳表や資料の説明や、経理上の処理、操作方法の指導など、事務所に居ながらにして、顧問先へのサポートがリアルタイムに行えます。
ご利用には「ネットブリーフィングセットワイヤレス」のご購入、「JDL DNSサービス」(または固定IP)のご契約が必要となります。
JDLネットブリーフィングシステムの運用イメージ
JDLネットブリーフィングシステムの運用イメージ

アプライアンス仮想WSで市販ソフトを共有利用

アプライアンス運用

アプライアンス仮想WSにインストールしたソフトウェアは、リモートオペレーションで接続されたPCやタブレット端末から共有利用することができます。使用頻度がさほど高くないソフトウェアや処理件数の少ないソフトウェアをアプライアンス仮想WSにインストールして共有利用することで、導入コストを抑えながら利便性の高い業務スタイルを構築することができます。
※アプライアンス仮想WSは、同時に複数の端末から操作することはできません。

サーバー開発で培った技術とノウハウをコンパクトなボディに凝縮

アプライアンス運用

アプライアンスは、万全なセキュリティを誇るファイアウォールのJ-WALLをはじめ、マザーボードやオリジナル電源ユニット、UPSなど、独自開発した高品質な機器を搭載。
不測のアクシデントやネットワークを通した悪意のある攻撃などのリスクからシステムを守り、信頼性・安全性に優れた実務環境を実現します。
仮想WS・アプライアンス仮想WSに接続可能な端末は、動作環境をご覧ください。
仮想サーバー運用では、仮想WSでのみ動作する機能やJDL IBEXクラウド組曲MajorをインストールしたPCのみで動作する機能があります。
仮想WS・アプライアンス仮想WSに接続後、操作しない時間や通信障害等による切断から再接続までの時間が約15分続いた場合、セキュリティ保護のために自動ログオフされ、保存されていなかったデータは失われます(自動ログオフまでの時間は変更が可能です)。
仮想サーバーと仮想WSは、システムメンテナンスのため午前5時より午前7時までサービス休止する場合があります(メンテナンス実施の際は、システムメニュー等で事前に通知されます)。
アプライアンスは、仮想サーバーをご利用のお客様のみご利用いただけます。
アプライアンス運用での仮想サーバーの仮想WSは、サーバー管理でのご利用となります。

※表示価格には、消費税等は含まれておりません。
* ご利用には、別途、ご利用お申込みおよび初期登録、月額利用料等が必要となります。

プライバシーポリシー  l 著作権・リンクについて l サーバーメンテナンス情報
株式会社 日本デジタル研究所 © Japan Digital Laboratory