インストールライセンスについて
インストールライセンスは、JDL IBEXクラウド組曲Majorをご利用になるPCの台数分必要となります。
なお、JDL IBEXクラウド組曲Majorのソフトウェアライセンスを、所内の複数のPCで共有利用できる「フローティングライセンス」でご利用いただく場合は、共有利用するPCの台数分のインストールライセンスの購入が必要です。

「フローティングライセンス」とは
フローティングライセンスとは、1つのライセンスを複数のPCで共有利用できる仕組みです。同時に処理するケースが少なく種類が多岐にわたる税務ソフトのご利用など、コストを抑えつつ柔軟な運用が行えます。
1つのソフトウェアライセンスとソフトウェアを利用する台数分のインストールライセンスを購入すれば、「担当者が申告書を作成し、その後他の担当者が別件の申告書を作成、そして最後に所長が申告書の内容を確認する」といったことが、PCの交換等をすることなく、それぞれが利用するPCで行うことができるようになります。
インストールライセンスを活用し、事務所全員でソフトウェアライセンスを共有利用することで、大幅にコストを抑えることができます。
※インストールライセンスは、利用するソフトウェアの種類・本数にかかわらず、PC1台につき1ライセンスのご購入となります。
※データの一元管理・共有利用は、「仮想サーバー運用」のお申込みが必要です。

フローティングライセンス運用イメージ
フローティングライセンス運用イメージ


株式会社 日本デジタル研究所 © Japan Digital Laboratory