JDL IBEX出納帳Major TOP > 会計事務所のお客様へ

会計事務所のお客様へ

会計事務所から入力業務をなくす!
そして会計事務所と顧問先の職域を明確化! 会計事務所の経営スタイルを革新!

Entry Innovation 会計事務所の経営革新!

会計事務所実務の大半を占める記帳代行を中心とした入力業務。 しかし、取引の記録はその発生現場である事業会社が行うべきものであり、会計事務所は専門知識を活かした会計・税務申告などの処理に専念するのが本来の姿です。 そこで、顧問先1件1件の実情に合わせて職域を明確化し、職域に応じた処理を会計事務所と顧問先が連携して行うこと、そして会計事務所と顧問先の関係に最適な改善策を実践することにより、会計事務所の入力業務を劇的に削減。将来への発展を展望できる経営革新を実現します。

財務諸表作成を望む顧問先に

JDL IBEX出納帳Majorを活用して自計化を指導

JDL IBEX出納帳Majorは、現金出納帳などの帳簿をつけるだけで、帳簿データから仕訳を自動生成し、試算表や決算書などの財務諸表が作成できる会計ソフトです。顧問先は、レシートや領収証などの原始証憑をイメージデータ化した「eレシート」を作成し、煩雑だったレシート整理・保管を簡素化。そしてeレシートを活用して帳簿の入力も効率よく行え、自社の経営状況をタイムリーに把握することができます。また会計事務所は、顧問先が作成したeレシートと入力したデータをセットで関連付けされたまま受け取ることができますので、監査もスムーズに行えます。

顧問先との緊密な連携で財務諸表作成

JDL IBEX出納帳Majorを活用して顧問先の自計化を図ることで、会計事務所と顧問先が一体となった緊密な連携処理が行えます。 顧問先は、会計事務所による監査済みのデータを基に、タイムリーで実務的な財務諸表を作成し経営状況を把握。一方、会計事務所は、記帳代行に伴う入力業務がなくなると共に、顧問先が作成したデータを基に、速やかに監査を実行。また、タイムリーかつスピーディな経営判断に欠かせない専門性のある財務諸表や経営分析資料を作成し、顧問先に提供。 このように、会計事務所と顧問先が本来担うべき職域を明確化し、それぞれの役割に応じた処理を実践することで、双方に大きなメリットが得られる「いい関係」を築くことができます。

会計事務所と顧問先の連携イメージ

顧問先とのデータ連携について

顧問先のJDL IBEX出納帳Majorとのデータ連携に対応する会計事務所システムにつきましては、以下の対象機種をご確認ください。

対象機種
JDL SERVER G-step 全機種、JDL SERVER HC 全機種、JDL SERVER Z2 全機種
JDL ReNS HC、JDL ReNS Z2
JDL STATION G-step、JDL STATION HC、JDL STATION Z2、JDL STATION V5、JDL NOTE V5
JDL Bravo G-step、JDL Bravo note G-step、JDL Bravo HC、
JDL STATION Bravo2、JDL NOTE Bravo2 、JDL STATION Bravo、 JDL NOTE Bravo
JDL Liberty G-step 全機種、JDL Liberty 全機種、JDL SERVER Z2G 全機種
JDL SERVER 組曲α3・μ3
JDL 税務netSERVER2、JDL税務net SERVER
JDL Pv CLOUD 全機種
JDL Benny One、JDL Benny One/JW
JDL IBEXクラウド組曲Major財務

※詳細につきましては弊社支店・営業所にお問い合わせください。

製品・サービスに関するお問い合わせ

会計事務所のお客様の製品やサービス、顧問先向け製品とのデータ連携に関するお問い合わせは、弊社支店・営業所までお問い合わせください。 連絡先などにつきましては、「各支店・営業所ホームページ」でご確認ください。

支店・営業所ホームページ

  • JDL IBEXクラウド組曲Major

JDLについて l JDL IBEX出納帳Majorに関する利用規約 l 通信販売法に基づく表示 l 商標について l プライバシーポリシー l 著作権・リンクについて l サイトマップ