トップページソフトウェアラインナップ > 電子申告

スムーズかつスピーディな電子申告を実現

電子申告特許取得

≫無償トライアル版はこちら

年額利用料金10,000円(税別)

無制限版40,000円(税別)

≫お申込み

「JDL IBEXクラウド組曲Major 電子申告」は、e-Tax(国税)やeLTAX(地方税)への初期登録から、納税者登録、法人税や消費税、所得税など各税務ソフトウェアで作成したデータの自動収集、電子申告形式(XML・XBRL形式)への変換、データの送信、受信通知の確認まで、一連の作業をトータルにサポート。複数税目、複数納税者の一括電子署名と一括送信に対応し、スムーズな電子申告を実現。顧問先への提出資料として、「電子申告終了報告書」も作成できます。
また、相続税の電子申告に対応する「JDL IBEXクラウド組曲Major 電子申告(相続税アドオン)」や、国税庁提供の標準フォームで作成したデータを電子申告データへ自動変換する「JDL IBEXクラウド組曲Major 電子申告(CSV変換アドオン)」により、電子申告業務のさらなる効率化をサポートします。

製品特長

わかりやすい操作画面

データ作成から終了報告書まで一連の処理の流れに沿って「機能アイコン」が配置されていますので、作業をスムーズに進めることができます。
また、JDL独自の機能である「データツリー」や「帳票リスト」により、進捗状況の確認、電子申告データの絞り込み・並び替え、帳票の確認、添付書類の追加、再作成などを簡単に行うことができます。

わかりやすい操作画面

  • メニューバーの機能アイコン
    処理の流れに沿って配置されていますので、左から順番に「データ作成」→「署名」→「データ送信」→「終了報告書」とスムーズに作業を進めることができます。
  • データツリー
    過年度分を含め、作成したすべての電子申告データは、「全て表示」「作成中」「送信・完了」に分けて表示されますので、進捗状況を確認しながら効率よく作業が行えます。また、申告年や税目などの抽出条件を指定したデータの絞り込みや、データの並べ替え、検索も行えますので、目的のデータをスムーズに探すことができます。
  • 帳票リスト
    データツリーで選択した電子申告データに含まれる帳票などを確認できるほか、電子申告データの再作成や添付書類等の追加や取り込みが行えます。
  • プレビューエリア
    帳票リストで選択した帳票などの内容を確認できます。表示の拡大・縮小にも対応しています。

関連システムからのデータ連動

「JDL IBEXクラウド組曲Major 電子申告」は、法人税、消費税、所得税など、各税務ソフトウェアから必要な情報を自動収集して電子申告データを作成することができます。

関連システムからのデータ連動


国税庁提供の標準フォームで作成したデータを、電子申告データに自動変換
「JDL IBEXクラウド組曲Major 電子申告(CSV変換アドオン)」

JDL IBEXクラウド組曲Major 電子申告(CSV変換アドオン)」を「JDL IBEXクラウド組曲Major 電子申告」に追加することで、国税庁提供の標準フォームで作成した財務諸表や勘定科目内訳書等のExcelデータを、電子申告データに自動変換。すべての帳票の電子申告に対応しますので、申告書と合わせて一括でデータを送信することができます。

※国税庁提供の標準フォームについては、国税庁ホームページでご確認ください。

相続税の電子申告に対応!
「JDL IBEXクラウド組曲Major 電子申告(相続税アドオン)」

JDL IBEXクラウド組曲Major 電子申告(相続税アドオン)」は、「JDL IBEXクラウド組曲Major 電子申告」に追加することで、相続税の電子申告を行うことができるアドオンソフトウェアです。また、相続税申告書等と連携して、相続税の電子申告データの作成・送信をスムーズかつスピーディに行うことができます。

電子申告データをスピーディに作成

国税や地方税、申告や申請等にかかわらず、データ作成、署名、送信は、いずれもシンプルな操作でスピーディーに処理が行えます。

  • 電子申告データを作成する際は、分類(税目)や種別で作成する手続きを絞り込むことができ、作成できる帳票が自動で表示されます。また、関連する手続きも同時に作成することができます。
  • 署名時は、まだ署名していないデータが一覧で表示されますので、画面を見ながら効率良く電子署名が行えます。
  • 送信後は、署名が付加された送信可能な電子申告データが一覧で表示され、複数のデータを一度にまとめて送信することができます。
  • 送信後は、帳票リストの「受付情報」から、即時通知や受信通知などを確認できます。
  • 電子申告終了報告書は、電子申告受付日時、所得金額等だけではなく、すべての項目を印刷できますので、外国法人のように「受信通知」の所得金額等の項目が多い手続きにも対応できます。

効率よく処理が行えるJDL独自の多彩な機能

  • 法人税申告のリリース前別表の自動取込に対応
    e-Taxで受付開始前の別表を、「法人税申告書」「減価償却」の「リリース前別表の出力」でPDF形式に出力しておくと、電子申告データを作成するときにイメージ添付書類データを同時に作成し、リリース前別表を自動で取込むことができます。
  • 再作成や帳票追加は帳票リストから実行
    帳票リストから、電子申告データの再作成が行えます。また、帳票、添付書類(税務代理書面や添付資料)、財務諸表、送付書の追加や取り込みが行えます。

帳票リスト画面

▲帳票リスト画面

初めての方でもスムーズに処理が進められる充実のサポート

操作中に「電子申告システム<ヘルプ>」を確認できます。機能ごとに説明が分かれており、操作がわからない時にお役立ていただけます。また、「はじめよう「電子申告」」では、システムの特徴や処理の流れをコンパクトな動画(音声付き)でご紹介する「Webセミナー」や、 画面の流れに沿って操作のポイントを学習できる「独習用テキスト」をご覧いただけますので、 初めての方も安心してご利用いただけます。
電子申告システム<ヘルプ>画面

▲電子申告システム<ヘルプ>画面

顧問先の電子署名も「電子申告クライアント」でスムーズに対応!

会計事務所から顧問先(納税者)に、電子申告データの確認や電子署名を依頼する時には、会計事務所から顧問先に「電子申告クライアント」を提供し、顧問先にインストールしていただきます。会計事務所で作成した申告データを顧問先が確認して電子署名を行い、会計事務所に申告データを返却することができますので、安全・簡単・スムーズに電子署名を行うことができます。

≫お申込み

※マイナンバー制度の対応には「マイナンバー管理」が必要です。各ソフトウェアのデータには個人番号を登録せず、「マイナンバー管理」に登録されたデータを参照して処理を行いますので、個人番号の入力・出力には「マイナンバー管理」が必要となります。

※記載の仕様・機能および料金は、改良のため予告なく変更することがあります。
また、画面・帳表の写真は開発中のものも含まれます。そのため、実際のデザインとは異なることがあります。

*は、オプションです。

登録商標・商標につきましては、こちらの「商標について」をご覧ください。