1. Home>
  2. 記帳する運用方式>
  3. 5種類の入力方式>
  4. 出納帳入力

出納帳入力

特長 帳簿を手書きする感覚で、現金出納帳や売掛帳、買掛帳などを作成することができます。
対象のお客様 これまで手書きや表計算ソフトなどで出納帳を付けていたお客様で、現預⾦の帳簿管理から始めたい方

特長

出納帳入力は、帳簿を手書きする感覚で「現金出納帳」「小口現金出納帳」「預金出納帳」「売掛帳」「買掛帳」を作成することができます。
さらに、質問に答えるだけで摘要入力が行える「質問式摘要入力機能」を利用すれば、記帳に必要な項目をもれなく、スムーズに記録することができます。
また、帳簿では入力できない給与の支払いや固定資産の売却などの取引は「振替伝票」で入力することができます。
出納帳入力

入力したデータを仕訳形式で表示

データを入力すると、取引内容に応じて仕訳が自動で生成され、画面表示して確認することができます。
経理処理に不慣れな方は、入力したデータがどのような仕訳になるのかを知ることができ、自然に経理の知識が身に付きます。

※会計事務所で「JDL IBEX自動仕訳機能」をご利用の場合、仕訳機能が提供されます。


JDL IBEX自動仕訳機能

銀行の明細データを取り込み、入力を省力化特許取得

出納帳入力の「預金出納帳」画面から、インターネットバンキングから出力した預金明細データ(CSV形式のファイル)を取り込むことができ、データ入力の大幅な省力化を実現します。

JDL IBEX BookKeeper 銀行明細取込

通帳のコピーを読み取り、入力作業を効率化「通帳読取」特許取得

通帳のコピーをスキャナーなどで読み取り、取引データに変換しますので、転記のミスもなく、入力作業を効率化することができます。

※別途、スキャナーや複合機などが必要です。なお、JPEG形式(300dpi・カラー/グレースケール)でのスキャンが必要となります。

レシートリーダー

レシートをスキャナーで読み取りeレシート化「レシートスキャナー」

レシート・領収証などをスキャナーで読み取りイメージデータ化した「eレシート」を簡単に作成することができます。データ入力をはじめ、煩雑なレシート整理・保管といった付帯業務も大幅に簡素化できます。
また、イメージデータ化したレシートを画面で参照表示しながら効率よくデータ入力が行えます。

※ご利用には、別途、所定のスキャナーが必要となります。

レシートスキャナー

レシートから「日付」「金額」を自動で読み取りデータ入力「レシートリーダー」

レシートなどをスキャナーで読み取りイメージデータ化すると同時に、「日付」と「金額」を自動でデータ化しデータ入力時に自動セットします。入力項目を最低限に、データ入力がさらに短時間で行えます。

※ご利用には、別途、所定のスキャナーが必要となります。

レシートリーダー

Wi-Fiハンディスキャナー

本体にバッテリを内蔵し、好きな場所ですぐに使うことができる、軽量コンパクトなスキャナーです。

1年保証付きハードウェアアクセサリー 価格(税込)
Wi-Fiハンディスキャナー 30,240円

※JDLコンピューターならびにWindows PCで使用する場合は、USB接続となります。

※製品の主要仕様につきましては、「Wi-Fiハンディスキャナー主要仕様」をご覧ください。

※1年保証付きハードウェアアクセサリーのご注文は、「JDL IBEX Webプラザ」でお申込みください。

※1年保証付きハードウェアアクセサリーの合計金額が3万円以上の場合は、送料が無料になります。


記載の仕様・機能は、改良のため予告なく変更することがあります。また画面・帳表の写真は開発中のものも含まれます。そのため、実際のデザインとは異なることがあります。


  • 会計事務所のお客様へ
  • JDL IBEX BookKeeperモバイル 製品情報ページ