1. Home>
  2. 製品特長

製品特長

JDL IBEX BookKeeperは、5つの入力方式から最適な記帳方法を選んで導入できる統合記帳ソフトです。
テンキー中心のシンプルな操作性で直ちにPC記帳ができ、企業経営に欠かせない帳簿作成が行えます。
また、多彩な帳簿・帳表機能を備え、売上や経費、損益の概算などの状況をタイムリーに把握でき、的確な経営判断に役立てることができます。

JDL IBEX BookKeeper
標準価格9,800円(税込)
テンキー中心のシンプルな操作性

5種類の入力方式

会計スキルや業務習慣、業務形態に合わせて「質問式伝票入力」「出納帳入力」「伝票入力」「仕訳入力」「日計表入力」の5種類から入力方式を選ぶことができます。いずれの入力方式もテンキーを中心としたシンプルな操作でデータ入力をやさしく進めることができます。

5種類の入力方式から入力機能をひとつ選択いただきます。利用開始後に入力方式が合わない場合は、簡単な手続きで、他の入力方式に変更することができますので、安心してご利用いただけます。


→詳細はこちら
5種類の入力方式

多彩な機能

入力をやさしくアシストするガイダンス表示や過去の入力履歴から、テンキーだけでスムーズに入力できますので、マウス操作や文字入力が不慣れな方でもカンタンに入力できます。
また、レシートなどをスキャナーで読み取りイメージデータ化すると同時に、「日付」と「金額」を自動でデータ化する「レシートリーダー」や、入力データをCSV形式で出力できる「CSV出力」など、データ入力の効率化やデータ活用を支援する様々なアドオン機能をご利用いただけます。

→詳細はこちら
多彩な機能

帳表やグラフの表示・印刷

入力したデータは、帳簿形式の「現金出納帳」「預金出納帳」「小口現金出納帳」で確認することができますので、帳簿に残高を入力すれば、残高の管理もしっかり行えます。
また入力データは、日別売上・現金支出グラフ、月別売上グラフ、経費構成グラフで確認することができます。
標準対応の仕訳帳や日計表の印刷と併せて、「JDL IBEX BookKeeper 帳簿出力」を追加すると、その他の帳簿やグラフも印刷することができます。

→詳細はこちら
帳表やグラフの表示・印刷

JDL IBEX BookKeeper 銀行明細取込

アドオン機能の「JDL IBEX BookKeeper 銀行明細取込」により、インターネットバンキングから出力した入出金明細のCSVファイルを預金データとして取り込むことができます。 データ入力の大幅な省力化を実現します。
「JDL IBEX BookKeeper 銀行明細取込」は、入力機能が「出納帳入力」の場合にご利用いただけます。

→詳細はこちら



JDL IBEX BookKeeper 銀行明細取込

損益の確認

日別売上・現金支出、月別売上、経費構成などをグラフ形式で表示することができ、売上や経費、損益の概算など、自社の経営状況を的確に把握することができます。
また「JDL IBEX BookKeeper 帳簿出力」を追加すると、損益の概算を一目で把握できる「収益・費用(概算損益)計算表」等を出力することができます。

→詳細はこちら
収益・費用(概算損益)計算表

JDL IBEX BK財務諸表

JDL IBEX BookKeeperは、月次資料や決算書などの財務諸表の出力に対応。アドオン機能の「JDL IBEX BK財務諸表」により、試算表や決算書などを始め、多彩な財務諸表を出力することができます。
→詳細はこちら



JDL IBEX BK財務諸表
アドオン機能につきましては、ご利用料金の「アドオン機能」をご覧ください。

記載の仕様・機能は、改良のため予告なく変更することがあります。また画面・帳表の写真は開発中のものも含まれます。そのため、実際のデザインとは異なることがあります。


  • JDL IBEX BookKeeperモバイル 製品情報ページ