1. Home>
  2. 製品特長>
  3. 5種類の入力方式>
  4. 日計表入力

日計表入力

特長 1日の売上や支出を、日計表に手書きする感覚で入力が行えます。
対象のお客様 飲食業や小売業など、レジを利用する現金商売のお客様で、日計表を⼿書きしている方

特長

日計表入力は、「現金収入(売上収入、その他収⼊)」「現金支出」を日計表に手書きする感覚で入力することができます。売上は現金以外の掛売やクレジット決済も入力できますので、売上全体を記帳することができます。
また、前日の現金残高を入力すると、現金収支を差し引き、当日現金残高を表示することができ、金種表入力をすれば、手元の現金と突き合せをすることができます。
日計表入力

カレンダー形式の一覧表示

日計表入力は、カレンダー形式の一覧表示にも対応しています。カレンダー表示では、日ごとの売上金額と売上合計額を表示していますので、特定の日の内容確認がワンクリックで行え、月の売上状況や入力し忘れの確認もすぐに行えます。 カレンダー形式の一覧表示

日計表の印刷(標準対応)

日計表入力をご利用の場合には、「日計表」印刷は標準対応のため、入力したデータを日計表に印刷することができます。アドオン機能の「JDL IBEX BookKeeper 帳簿出力」は必要ありません。 グラフや収益・費用(概算損益)計算表の印刷<

入力したデータを仕訳形式で表示
「JDL IBEX BookKeeper 仕訳機能」を追加すると、入力したデータは、取引内容に応じて仕訳が自動で生成され、画面表示して確認することができます。
経理処理に不慣れな方は、入力したデータがどのような仕訳になるのかを知ることができ、自然に経理の知識が身に付きます。
自動仕訳機能

アドオン機能につきましては、ご利用料金の「アドオン機能」をご覧ください。


記載の仕様・機能は、改良のため予告なく変更することがあります。また画面・帳表の写真は開発中のものも含まれます。そのため、実際のデザインとは異なることがあります。

  • JDL IBEX BookKeeperモバイル 製品情報ページ